« ドコモ携帯アンテナ建設 | トップページ | 震災から年末 9.2mまで »

2008/05/01

井戸掘り開始から7.2mまで

2007年6月素人が自作の道具で井戸掘りを始めました! 簡単か?

DIYでの井戸掘作業で相変わらず施行錯誤の繰り返しなんですわhappy01

家庭菜園の野菜に水道水を使用してますが、川や井戸を

利用出来れば最高じゃないですかgood

バナナも生繁っていますが・・・

雪国なので越冬出来ずに全滅する年も有ります。
07
畑の脇に小川が有りますが、道路拡幅で暗渠になり使えませんsign03

P1020566_800x600

さらに2011年上流で家屋の浸水防止工事で水量が更に少なくなり

僅かしか水は流れてこなくなりましたthink

しかし、降った雨の1/3は地表から川へ流れ、さらに1/3は蒸発し、残り

1/3が地中に浸透し地下水になります。

せっかくの雨水が勿体ない!

100m程離れた所に堀り抜きの自噴井戸有った事を思い出し。

(ずいぶん前に埋められてしまい存在しません。)

野菜と自分の興味の為に、思い切って家の横に

井戸を掘る事にしました。

場所と労力を考えると掘り抜きは無理。

打ち抜き井戸と言われる方法で行いました。

始めの浅い部分は井戸掘り器 で突き掘りしました。

深くなった所で堀鉄管を製作し人力パーカッション式(地層を打撃しなが

ら掘り下げていく工法)に移行しました。

shine6/9(土)井戸掘り開始shine

簡単な祭事を自分一人で勝手に行い、まず

オーガとホソを使い掘削開始。

       Donou_2 

 

土嚢袋・石・木杭等が出てきましたがなんとか1m弱掘りました。

14時VU150管0.8mを埋設し水を入れ自作鉄製サキワ付きの井戸堀り器の出番です。

VP20パイプを接続し延長して行きます。(VP20パイプは値段が手頃で使用しました)

P6090018


そして基本作業の突き掘りを開始です。

井戸掘り器を突くと弁が開き下から泥水と土砂が入り上の穴から出ます。

何回か突いたら地上に出してパイプ内の土砂と先端部に付着した土等を取り除きます。

Tuki









粘土質の土砂の排出に難あり穴を大きく改良して井戸掘り作業。

爪が効果的に壁を崩してGLから2.5mまでΦ150で掘れました。

頭からつま先まで泥だらけです。

本日の感想 楽しい大人のドロンコ遊び!!

6H作業穴掘りがこんなに面白いとは思わなかった。


6/10(日) 8.5H作業  

朝6時から作業開始3m過ぎから黒い砂混じりの土になり地下水

が出始め水道水を入れ無くても作業可能になりました。

第1の水脈到達です!

愚かにも井戸掘りなんか簡単だね! などと浮かれていました。

10時前にGLから4.5mまで掘削する。

地上に出ている延長パイプに弁を付け井戸掘り器を上下させ

ポンプとして使用し底まで水を汲み出す。

14時に見に行くと0.7mまで水位が上がっていた。再度井戸
掘り器で底まで

汲み出し様子を見る。

3m位から水が浸み出て滴り落ちているのが確認できるが水量は
あまり多くはない。

水質は鉄分が多く金臭く汲み置きすると翌日には、水面に

薄い油膜が張り赤く変色。

しかし、さらに放置すると赤い成分が沈殿し透明になります。

畑なら使用OKですがなるべくなら使いたくないですね!
P6160225

6/18(月)午前 2H作業

数日前に製作したポンプを試す。

塩ビ管VP50の中にピストン・弁とバネを

入れて、ひもを引くとピストンが

上がり放すと自重とバネで戻ることで

水を汲み出す仕掛けです。

パイプとピストンの隙間が狭いと砂を噛み込んで動かなくなり広いと水が上がりません。

ピストン外径を調整しながらやっと60ℓ汲み出すが能力に不満が有り。

後日改良したが大して変わらずあきらめる。

午後の部 4H作業

狭い所なので2mの延長パイプを使用して突き掘りをしていたが、

脱着回数が多くわずらわしくネジも砂で摩耗してしまいます。

4mで作業するとPV20はしなうので上部が建物にぶつかったり

道路に大きくオーバーハングして危険です!

そこで足場単管を使いパーカション式の堀鉄管1 を製作しました。
(長さ1.2m重量3kg)

Horitekkann←こんな感じです。

←先に一文字刃・奥に弁・外周に爪が見えます。


3mの単管4本を自在金具でやぐらに組み上部に

滑車を付ける、3本だと下に作業スペースが作れません。

Φ3mmのステンレスワイヤーで堀鉄管1を上下させて夕方まで掘る。

粘土に10mm前後の小石が混じり弁に挟まり悩まされる。

また、Φ3~5mmの小枝や植物の茎の様な物が混じる。(長さは10~15mm位)

パイプの脱着を繰り返すより楽ですが堀鉄管の自重頼みで、突き

掘りの様に力を入れられない為0.5m進んだだけ。 GLから5.0m
Jyuuji_2

6/20(水) 4mmのロープは手が痛く6mmのクレポリロープを買う。 (使用過重75kg)

堀鉄管1の改良をする。

1)引き上げ時壁に喰い付くので後部U字金具を2ケに増やす。

(返す刀で掘るので考えようによっては効率が良いとも言えますが

金具を追加です。)

2)弁の前で粘土を小さく切れる様に刃を1ケ増やし十文字にする。

P6160026_2

6/24(日) 4H作業
今日は色々問題発生!

△ ゴム手袋をしているがワイヤーが滑るし手に食い込み痛いsign03

△ ワイヤーが滑車からはずれボデーと滑車の間に挟まる事数回!
(なかなか元に戻せない)

△ 午後から4mmのナイロンロープに交換する(シンブルには

    フリー・ノットで結ぶ)が手が痛い!
Img001

△ 今日も10mm前後の石が挟まる。

△ 落下させ3分程放置したら粘土に喰い付き抜けなくなる。
(引き抜きに0.5H掛かる)

△ 常に硬い粘土層になり堀鉄管1の先端に詰まる量しか掘れない!

7/8(日)3H作業

水位は降雨後に多少上昇するが、1mも離れていない小川の水位に
は影響されません。

土砂降りの雨で小川が増水した時以外は、常に井戸の水位の
方が高いです。

パーカション式は掘鉄管の自重で掘るのですが、底に溜まった砂がクションになり

落下の衝撃が伝わらず進みが遅くなる。

わずかな砂と水を汲んでいる様なもので掘り進めません。think

砂を汲み出す為に気泡ポンプを作りコンンプレッサーで底にエアーを
送りGLから

3.5mまで砂混じりの水を汲み出し後作業する。

(底にストレーナを付けエアーをホースで送るだけ。)

相変わらず粘土に小石が混じる状態で進まないが、刃を
十文字にした効果で

粘土が細かく切れ以前より楽になった。

6.8mまで進んで黒い腐葉土状の粘土が現れる。

(厚い所で5cm)カクモ層(繊維質の軟弱な粘土)のようです。

分かりやすく説明するとピートモス・泥炭ですかね。

7/9(火)

夕方底までパイプを下ろして気泡ポンプで汲み出すが、ひどい
泥状で

ストレーナに木片等が詰まる。

更にエアホースにまで砂が逆流し作業中断です。

6/10の様にパイプに弁を付け上下にゆすり,
汲み出すが、泥水の比重が大きく

30ℓの汲み出しで疲れてしまう。

吸い上げた砂は銀灰色というか鮮やかなブルーですが

数時間後には表面が酸化し赤く変色します。

また、井戸の中に磁石を入れると海岸の砂の様に砂鉄が
採取出来ます。

ネットで地質を調べると10~30mの安田層でシルト・砂・砂礫の互層の様です。

次回は水道を使いジェット式ポンプにチャレンジするか。

7/12(木)  ポンプテスト 

適当にジェット式ポンプを製作し井戸に入れて水道全開しかし、
水面から1m強しか

揚程が無く失敗です!

ジェット式はクリアランス&テーパ角が微妙で素人にはハードルが高い!

うまく調整出来ても砂等が詰まる可能性が高く分解掃除が頻繁で大変でしょうpout

7/14(土) 3H作業

気泡ポンプでGLから4m過ぎまで2回排水する。

相変わらず青い砂が大量に出るし、ストレーナに木片が引っ掛かる。

そして井戸堀再開です。

 砂と砂利の混じった層に当たる。

 堀鉄管に堀屑があまり入らず上がる水も泥水にならない。

 気泡ポンプで汲み出すが水位の回復が早い。

第2の水脈に到達です!
喜んでると先端の一文字刃の取り付け部にクラックを発見!

修理の為、本日の作業は終了です。

第2の水脈も水質に変化は無し!  GLから7.2m強です

7/16(月)10時13分中越沖地震発生!!

 震災から年末まで  トップに戻る   XR125Lを飼育   ホンダCRF250Lを購入

CRF250Lブレーキペダル改造   KTMオレンジフェスタ2016   

« ドコモ携帯アンテナ建設 | トップページ | 震災から年末 9.2mまで »

井戸掘り」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020159/34003384

この記事へのトラックバック一覧です: 井戸掘り開始から7.2mまで:

« ドコモ携帯アンテナ建設 | トップページ | 震災から年末 9.2mまで »