« 井戸掘り器 | トップページ | 石拾い »

2008/06/09

穴削り(井戸穴拡大)

ケージングパイプ(CP)の下を削る道具を製作。

注意!

これは単純に井戸穴を拡大する道具では無く

CPを挿入後の穴拡大用です。

(通常の拡大にも使用可能ですが、効率は悪いです。)

私の場合は井戸掘り作業を連続で出来ないから、穴崩壊防止に

ポリマーや ベントナイトの 使用は沈澱して向かない。

井戸が崩れないようにCPにVP100の塩ビ管(先端に外径133mmの

ソケット)を挿入しながら井戸掘りをしてます。

CPを掘削点まで下げる為に荷重を掛ければ一番良いのですが、

LPΦ150の挿入経験から人力や重石ぐらいでは沈みません。

VUΦ100に交換ならソケット外径も小さくて少ない荷重でOKですが、井

戸も深くなり圧力が 掛かるから不安で使えない。

ソケット下の井戸穴を140mmより大きくするのが最適。

08/6/8(日)

仕方なくシンプルな穴削りを製作しました。

井戸穴の拡大なら内径ズバリの道具でOKなのですが。

CPの内径に入る道具でソケットをオーバーハングして削

らなくてはなりません!

P6080001P6080003

 




穴削りAの結果

今日はツメが壁に喰い付かず失敗でした。

6/9(月)

穴削りAのツメ先端を喰い付きやすくする為サンダーでカットして試す。

結果は満足では無いが壁に喰い付くようになりました。

P6090003






6/10(火)朝

パイプの直下でツメが喰い付く部分を10分程削って見た、その後は

ほとんど反応が無い!

うまく削れて反応が無いのか? 穴削りAの能力が足りないのか?

取り合えず試作品1号としては、まあまあの出来かな。

穴削りAの問題点。

★ 喰い付くがそのまま下方に削れなくて壁に喰い込んでしまう。

★ 下方にしか削れず効率が悪い。

次の物を今週末に製作します。

 

6/14(土) 午前 穴削りBを製作した。

建築金具のL字型鉄板を叩き伸ばし切断後、曲げて単管に溶接しました。

使用して見ると外周の平な部分が多すぎるか思ったほど喰い込まないです。

P6140006 P6140008









  鉄製の井戸掘り道具     トップへ戻る

« 井戸掘り器 | トップページ | 石拾い »

井戸掘り道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020159/21502207

この記事へのトラックバック一覧です: 穴削り(井戸穴拡大):

« 井戸掘り器 | トップページ | 石拾い »