« トラブルが発生 11.9mまで | トップページ | 穴削り(井戸穴拡大) »

2008/06/08

井戸掘り器

 井戸を掘りませんか?ボデーはVP40を使い前方

ソケットに足場単管で製作したサキワを押し込んだ

一部鉄製です。

塩ビ管を使用した井戸掘り器 は情報が多いので詳細は省きます。

単管の部分の固定にはボルト等を使用せず木槌で軽く叩き入れ、念の

為ボンドを併用しました。

サキワ先端に掘削用の焼きの入った刃を取り付け、後方に逆止弁が組込まれます

井戸掘り器の部品の一覧です。

P8120018


延長パイプは4mを使用される方もいますが、私は1mと2mのパイプを

併用して地上部の長さを作業しやすい高さに調整しながら延長

しました。

排土で地上に出した時には必ずコシタ弁が正常に機能しているか

確認します。


(上下に動かしカチャカヤと作動音がすればOKです!)

★ 弁が閉じたままになるとポンピングしない為、上下動に対する手応

  えが軽くなります。

★ 弁に石等が挟まり閉まらなくなると水面から上で軽くなります。

  延長パイプをつなぐソケットはネジ部が金属製の物を使用すると

  安心です。

P6090018

P50102222












多くの方が弁をプラスチックとビニール等で製作されていますが

弁が反り返って土砂が上がらなかったり作動が不安定です。

また、簡単に弁座が割れたり破損するようです。

■ そこで弁も弁座もすべて鉄で製作し弁座を溶接してます。

弁は鉄板を使用し強度が有り小石等が挟まっても気兼ねせずに

作業出来ます。

井戸掘り器の先端の鉄管は上総掘りと同様にツメを備えて

穴の壁を突き崩しながら掘ります。

掘り器と壁の接触面積を減らし掘削が進みます。

先人の知恵ですね!

◆ 井戸掘り器のソケット外径は60mmでツメの幅は70mmすが、

  穴拡大器を全く使用せずに170mm以上の内径で掘削する

  事が出来ました。

◆ 石に当たったりすれば先端がまくれ,次第に摩耗して

  丸味をおびます。

◆ 状態を見てサンダーで研磨するなどのメンテナンスは必要です。

 各部の機能説明へ 

トップヘ戻る

鉄製の井戸掘り道具

井戸掘り開始へ

« トラブルが発生 11.9mまで | トップページ | 穴削り(井戸穴拡大) »

井戸掘り道具」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020159/21588413

この記事へのトラックバック一覧です: 井戸掘り器:

« トラブルが発生 11.9mまで | トップページ | 穴削り(井戸穴拡大) »