« 落下道具の回収金具 | トップページ | 発動機運転会 in出雲崎2014 »

2013/09/15

井戸掘り47.1mまで

2013年6月2日sun午後2.5h作業

CPを0.22m沈め挿入深さ44m。

井戸掘りは相変わらずシルト層です。≒8cm/h GLより46.2m。

6/4(火)深さ測定用に100mの巻尺を買う

P1010901

6/16(日)sun堀鉄管使わず主にスイコで井戸掘り。

≒5cm/h GLより46.3m。

6/23(日)sunロッド用の一文字刃登場。

井戸底の道具は水中に40m以上のロープで繋がれています。

堀鉄管+ロープの低抗が大きく落下速度に不満が有りです。

最近は硬目の地層ではかどりません!

水の抵抗に負けずにロープを牽引しても速度を出す為、ロッド用に

new一文字刃の工具を製作しました。

P1010953

刃はガチガチに焼き入れしました。

P1010957

本当は刃長95mmにしたい所ですが・・。

井戸穴は方向や変位量は不明ですが絶対・確実に曲がっていますsign01

落下速度が速い為にCPの段差(下部4本VPで上はVU)に刃が何回もヒットしたら・・・・。

        CP破損の大事故になるsign03

一文字刃の高速落下はツメ付き堀鉄管を使用する決断時同様のリスクが高い選択です。think

爪突きの堀鉄管で段差に付けたスペーサーを破壊しましたからねcrying

 

よたろうの井戸CPは内径がVU(Φ108)からVP(Φ100)に変化する段差が有ります。

一文字刃が直撃する可能性が極めて高く危険な選択なのです!

≒10cm/h GLより46.53m。

6/30(日)cloud千葉県にお邪魔させて頂きました。

上総掘りを見学出来ず心残りですsign01

海ほたるPAにて。

シールドマシンのカッターがモニュメントになっていました。

展示用のレプリカに刃のみ実物を取り付けたようですね。

井戸掘りの参考になる?ならない?

P1020110

D=14.14m

本体左をカッコ良くカットし、本体をステンス板で覆って有りました。

P1020106

ビットの表面ですが、説明書き程には摩耗していないです!!

P1020108

裏面です。

P1020109

しらせの雄姿

南極まで行く砕氷船なので大きい船を想像していましたが、以外にも

佐渡へ行くカーフェリーよりコンパクトでした。

P1020121

習志野駅集合の完全予約制の為見学は出来ませんでしたng  

               残念sign03

7/7(日) cloud来週も作業出来ない為何とか1h作業した。

ロッド用一文字を使用し3回投入しスイコで堀屑回収。

穴が刃長での径で掘れる為に穴がスイコの外径とほぼ同じ!

井戸底でスイコのコシタが閉じると沈下上昇しずらい。 ≒8cm/h GLより46.6m。

7/16(火)sun new穴削り登場です。

深井戸用に穴削りを新作する事にしコツコツと部品製作していました。

落下速度の早い形状の穴削りを本日午前組み立てる。

新登場 バンキン穴削り外径95mm

P1020152

夕方テストの為井戸に投入し大トラブル発生ですcryingsign01

1投目CPの段差までゆっくり降ろし段差通過後自由落下までは良かった。

しかし!井戸底手前でのブレーキ操作が一瞬遅れ・・底に衝突sign02

穴削りはパワーウインチを使っても引き抜けませんでした。

初歩的なミス・・・ショックですyacht

ロッド回収の為上総堀のヒゴマワシの様な道具を製作予定です。

7/21(日)sun回収道具を製作!

ロープにテンションを掛けているので途中から挿入出来るように12mmのスリットを

入れて製作して見ました。

P1020170

使用方法です。

ロッドに向かって降下させる。

ロープのアイリングキャッチまたはロッドのU字金具を通過すると回収ジグのU字金具に当たり降下ストップ。

上に引き上げるとピンが倒れ上記3点のいずれかをロックします。(予想ですが・・)

引き上げ用のロープ・パワーウインチ・新シンブルとリングキャッチを準備し後日作業の予定です。

7/27(土)ロープにテンション掛けて有りますが現在も状況に変化なし。

7/28(日)sun午前バンキン穴削りを引き上げ成功!

クレモナΦ9ロープに回収道具を取付て旧ロープをガイドに降下させる。

1回で穴削りのフックにヒットしパワーウインチ2台でグイグイと引っ張るgood

P1020175

何とか無事に引き上げ完了ですdash この機会にロープも交換しました。

P1020183

その後古いロープのシンブルを外し2本に分けて乾燥後収納する。

しか~し・・・! 16時に落下高さを調べる為 穴削りを再投入。

0.3mから上げて行き0.7mで再度喰い付きパワーウインチ1台では引き抜けなくなるsign01

落下速度が低下するがΦ12のロープなら伸びが少なく1台でも回収出来るかも知れない。

      Φ9㎜ロープを再度使用した事を少し悔やむが 後悔先立たず!!

再度古いロープを1本につなぎ合わせ回収道具で引き上げる。

ロッドの重量を減らすか穴削りの形状変更が必要think

18時作業終了 疲労だけが残った一日でした。despair

8/3(土)sun午後バンキン穴削り形状の修正をする。

           体調悪くテストはせず!

8/11(日) 依頼を受けていた80Aスイコの最終組立。

コシタの弁と弁座の組立調整・U字金具の製作取付&作動テストをする。

P1020202

8/12(月) バンキンの形状改良作業

P1020224

8/25(日) バンキン穴削りのテスト

多少良くなったが、まだ落差0.3mでパワーウインチが必要ですsign01

若干井戸掘りしました。 ≒8cm/h GLより46.75m。

9/15(日)cloud夕方CPを0.5m延長&0.1m挿入する。

作業中にM4ビス1ケ井戸に落下させるcoldsweats01

夏の疲れか?ここ2week腰+背中の痛みが酷く整体に週3回行くありさま!

話が前後しますが、CP作業前に大島区の「日本一のところてん」に行き

ところてん&新米のおにぎりを頂きました。

そのおり 国道脇に見事な崖の地層が有り撮影しました。

P1020246
下を川が流れており浸食されて崩れて出来たものです。

P1020247
高さ100m以上有り上部は節理その下は分厚い砂層が。

この様に水平な地層非常に珍しいですsign01 少し離れると全て傾斜地層です。

9/22(日)cloud午後CPを0.5m延長。

44.5mまでCPを0.4m挿入し堀屑を上げようとスイコを投入!

 トラブルが発生sign03

CPに引っ掛かり上がらない・・・引くとCPまげ上がって来ます。

引っ掛かりを外す道具を製作しなくてはなりませんthink

9/29(日)sun 回収具を製作&作業

状況スイコがCPの先端から4m程の所で引っ掛かっているsign01

新しいロープの為スイコを上下させると、負荷が有る時と無い時でよじれる。

運悪く塊になったロープがCPとスイコの間に入りロックしたと思われる。

道具の登場です重量1.7kgCPを壊さない事を祈ります!

P1020328

上からスイコのロープを頼りに重りを降ろしスイコ上部を打撃しCPより落下させる。

ウインチのロープをほどき回収具に通して再度リールに巻き取る。

回収具のU時金具にロープを取付けて落下させスイコに到着。

数m上から打撃を繰り返すが・・・。

打撃音とCP及びスイコのロープに振動は伝わるがスイコの固着は外れないdanger

道具改良作業。

P1020330

重量を増やす為ロッドを使えるようにニップルを取り付けました。

4kgのロッドに取付再度作業する!

CPを破壊しないよう慎重に数回打撃し上手くスイコが落下してくれました。

その後スイコで30リットルの砂泥を排泄する。

更にスイコで綺麗に浚う。 井戸深さ8/25と全く変わらずGLより46.75m。

10/5(土)cloudレベルの低いお話です。

朝3時起きしツアーバスで小松基地航空祭りに行って来ましたコンデジ持って。

そうです止まっている飛行機物体はOK。

でも数100m先の180m上空を時速650kmオーバーで飛行している戦闘機や

ブル-インパルス(最速750km)になるとファインダーがないコンデジでは空に向け

るとレンズがどこを向いてるか分からず悲惨な結果に!

P1020406

F-2は綺麗な機体で魅了されましたが飛行展示は短時間で残念でしたsign01

P1020425


初めっから撮影などせず肉眼で脳みそに焼きつけてりゃ良かったと反省。

主たる目的は飛行機見ながら飲む事だったのですが大問題がimpact

何と唐揚げ・牛の串焼き・焼き鳥などを売っていながらbeer bottle売ってないじゃないかsign02

10/8(火) 朝起きると首下から腰と左腿までが痛い!

幸い別件で会社は休みを取っていましたが、体動かず整体に行きハリを打って来ました。

夕方体慣らしに井戸掘り! 

掘り屑を良く観察すると幅3~4mmで薄い塩ビ屑が多数有る!

スイコをが引っ掛かった時と回収時の道具で擦れてしまったと思われます。

CPの厚い部分なのであまり気にしない事にします。

資料で調査の地層と違い今だに木片を多数含むシルト層でどこまで続くのか・・。

≒6cm/h GLより46.83m。

10/13(日)sun 16時から井戸掘り≒10cm/h GLより46.93m。

11/3日)cloud CP挿入作業と堀屑回収。

1.5h作業でCPを0.2m沈めた後に削れた堀屑を排出する。CP挿入深さ44.7mです。

深さ測定するとスイコでも若干掘れGLより46.95m。

12/7(日)cloud 腰痛と相談しながら2ヶ月振りに1.5h井戸掘り。

10月と同様の硬めのシルト層で≒10cm/h GLより47.10m。

井戸掘り40.06mまで   トップページに戻る   現在の状況 

鉄製の井戸掘り道具 

« 落下道具の回収金具 | トップページ | 発動機運転会 in出雲崎2014 »

井戸掘り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020159/51879482

この記事へのトラックバック一覧です: 井戸掘り47.1mまで:

« 落下道具の回収金具 | トップページ | 発動機運転会 in出雲崎2014 »