« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016/09/04

 KTM オレンジフェスティバル・オフロード 2016

heart022016 KTMオレンジフェスタ OFF シーサイドバレー

8/21sunフェスタ2日目 クソ熱いsign01

ツーリングを兼ねて展示車でも見ようかな~と9時に家を出る。sign02

10:20着 生まれて初めてのシーサイドバレー&フェスタです。

Pの係員に受付の場所を教えられる・・・。

受付で何と2017モデル全車の試乗が無料で

出来ると判明sign01(保険500円のみ必要でした)

太っ腹ですね!

P1050781

このリストバンドが保険加入の証明になります。

ウエアーやグッズも販売されてました。

P1050539_1024x768

P1050535_1024x768

受付から試乗会のPに到着。

途中の人工ゲレンデ部分で前後輪とも滑りヒヤッとさせられる。

P1050524_1024x673

神戸・名古屋・練馬等の県外ナンバー車ばかりでした。

P1050520_1024x725

自走か?

P1050541_1280x960

下の3台 神戸ナンバーのバイクでした。

P1050536_1024x768

下の画像 手前一列が試乗用の2017モデルです。

P1050531_1024x768
これ以外にテントにも試乗車が用意されていました!

試乗はここからS字にゲレンデ1本分を登って降りてくるコースで2Km位でした。

今走っている方は自分のバイクで周回コースを走行中です。

1日=KTM&ハスクバーナ車5千円強 他車1万円強だそうです。

10分刻みで予約を入れテントで順番待ちしていると、汗が噴き出しますsign03

しかし、彼女が呼び出してくれ又、元気が出ますheart04

P1050527_1024x768

順番待ちの方とお話しさせて貰いましたが、昨日から参加されている方が多かったです。

中にはKTMジャパンの社長と同様に北陸新幹線で東京から参加の方もいました。

皆さんコース何回か走られて路面状況を把握されていたんですね。

最初に250ccのエンデューロモデルを試乗した時、次々現れるギャップ&ガレに戸惑い

前車にドンドン離される訳がやっと分かりましたcoldsweats01

楽しい上にナンバーも取得出来るモデルです!

非常に残念ですsign01 CRF250Lでもローダウンしないと乗れない体ですcrying

KTMシート高970mm交差点の信号待ちで絶対にコケます。買えませんョ

画像右端の人ベタベタ足付いてますよね!!

P1050529_1024x691

フローティングターンでも何でも出来ますよねsign03(技が有れば)

次に250ccモトクロッサーを試乗するが、こちらも当然両足が着かない!!

セル着きはが有り難いcoldsweats0137年振りのレーサーのライドですよ!

感想。37年前の2スト125CCよりマイルドですが車体の性能が素晴らしく転倒するか

と思うギャップの突っ込みでもサスが全部吸収し何事もなかった様に通過せてくれます。

アクセルのみで3速まで登りも下りもフロントUPが可能で楽しですね。

2スト125ccの方がもっと楽しいけど環境時代だからね。

P1050534_1024x768

続いて450ccのモトクロッサーの試乗!

昔の2スト250ccよりずっと乗りやすいね。

250ccより車重が10Kg重いようですが乗ってみると・・どちらが250450なのか

エンブレムを見ないと区別が付きませんね!

450ccはトラクションコントロールが付いているとか・・・。

どのマシンも油圧クラッチなのか軽くて楽でした。

お昼で一旦クローズ。

P1050542_1024x768

その後糸魚川インターから帰路に着きます。

上越まではトンネル続きで快適でしたが・・・その後は灼熱地獄!
(往路は我慢出来たのに熱い)

大潟Pの木陰で休憩し後輪タイヤに触るとゴムが溶てベタベタでは有りませんかeye

OFFタイヤの中央部の偏摩耗を防ぐ為1.0Kgに空気圧を下げた為に

異常な発熱をしているようですね。

高速道はメーター読み95Kmで走行。(実速≒86Km)

タイヤ寿命を考えると現状で我慢我慢です。

疲れましたが楽しい1日でした。

買えない自分にも試乗させて頂き KTMジャパン様に感謝です。

続きを読む " KTM オレンジフェスティバル・オフロード 2016" »

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »