« CRF250L ショートスタンドBの改造 | トップページ | 後輪MT21に釘刺さる! CRF250L »

2017/09/02

CRF250L ピレリMT21で 菅川・東豊・御林・菅の沢等 林道

ピレリMT21を履いて見る❖8/26前後MT21を装着。

ダート、グラベルで優れた走破性と耐久性を発揮、本格ラリー競技や
林道ツーリングに 最適を信じ・・・。

以前使用したD603かT21で悩んだがMT21の方が
高価だが長寿命らしいのでチョイス。

フロントタイヤ80/90-21 

装着幅77mm

AC10より安心して倒せるが・・ハードブレーキングでは簡単にロックします。

Img_0025_1280x960_2

純正もAC10も扁平率100ですが、残念ながらMT21のは90/90でも欠品!

80/90でスペースが少なく、ヘビーチューブ+ビーストでは組ずらそうと思いましたが・・。

 長靴か地下足袋の様にクニャクニャでビックリdanger

ビーストが無ければコーナリングで脱げるのではと思う程・・sign03

ヘビーチューブ装着してますが、空気圧落とすとリム打ちしそうsign01

AC程では有りませんが、舗装路でハードブレーキするとグリップセズ滑ります。

乾いた路面ではバイクを不安無く寝せられレベルです。

リヤタイヤ120/80-18  装着幅117.5mm
高速道路も振動無く乗れそう!

Img_0026_1280x960

当然チェーンカバーに干渉セズ (干渉するAC10がおかしのですが)
Img_0027_1280x960

リヤは80扁平で隙間が少なくヘビーチューブ+ビーストで組付に結構苦戦した。

8/27(日)sun 4:50長野遠征へ出発(下道)

6:30過ぎ気まぐれで妙高高原駅から菅川林道へ。

Img_0028_1280x960

25年振に訪問し遊覧船乗り場手前まで迷い6:50にやっと入口!

Img_0031_1280x960

長野は前日は雨だったのか走り出しは草の状態は良かったが水溜りが多かった。

Img_0035_1280x960

その後、夏草が道にオーバーハング、大雨の影響でクレバス状に路面が掘れていて

走行しずらい場所多
danger

Img_0037_1280x960

上画の様なフラットで法定速度での走行部分は僅かでした。

長野市経由で東豊林道へ向かう。

長野インター手前のセルフで給油するが130円/ℓにビックリsign01

帰宅すればハイオクが買える価格です。

8:30入口到着。

Img_0040_1280x960

バイク後方の標識!

Img_0041_1280x960

少し入って空き地で朝食です。(バイクは長野方向を向いてます)

Img_0042_1280x960

少し走行し落石ヶ所の泥濘(深さホイー1/2が沈没)を走行後のバイクです。

落石を均して有りダム状に泥水が溜まっていましたが・・前輪が半分近く埋もれる

これ程深さとはannoy不覚!

Img_0044_1280x960


Img_0045_1280x960

Img_0047_1280x960

この高さまで泥が、当然ブーツ&パンツも泥だらけに・・・coldsweats01

Img_0046_1280x960


ロッククライミングをする岩場で小休止。

Img_0048_1280x960

岩が落ちてきそうで若干怖い。
Img_0049_1280x960

岩に金具が付いたままになっています。

Img_0050_1280x960

その後は時々視界が開けた所で撮影停車しながらほぼ藪漕ぎsign03

Img_0058_1280x960

右手の奇妙山の麓からここまで来ました。(上画像中央下部あたり)

路面はフラットな部分でも角ばった石でガレています

Img_0054_1280x960

クレバス状の大部分は停車出来ず撮影なし。(真実伝えられず・・)

Img_0055_1280x960

御林林道も雨水でクレバス状の溝+夏草のオーバーハングで

見通し効かずスローペース。

御林林道の35号線手前3km程で前方から爆音が聞こえ・・

間もなく全開で道幅一杯に膨らんだゼッケン&カメラを付けたバイク数台に遭遇する。音で気付いて路肩に避難!

shineブラインドコーナーの右車線を高速で走行して来るsign01

       俺を殺す気かよ~punch

35号経由で菅の沢林道入口10:30着。

Img_0064_1280x960

帰路木島平で予備の燃料1ℓを給油しギリ自宅まで帰れそうhappy01

近所は0.3ℓ 40Km以上ダート走行時は2ℓ持参してますが今回1

さかえ倶楽部スキー場から5Kmのダートを走行し野々海池から

県境越えの予定が・・深坂峠で通行止めのゲート。

燃料に余裕が無く脇から抜けてエンジンOFF惰性で下って燃料節約。

しかし、2Km程で完璧なゲートが有りエンジンを始動R117まで戻る。

津南では店員さん給油でも現金@\121でした。

走行距離417Km ダート50Km弱

洗車後の前輪です 脇のイボもかなり取れました。

   annoy高圧洗浄機でも泥があまり落ちません?

原因は多分タイヤの材質 5銘柄使用してこんなのは初めて!!

Img_0089_1280x960

後輪で洗車後問題発見です。

クラック状の傷発です!

東豊林道の後半あまりにもガレて進まず空気圧を1.5Kgから前輪

1.0後輪1.2に下げ走行。(帰宅後の測定)

正規圧時の方が確率は高いですが礫のエッジで付いたと思われます。

Img_0090_1280x960

Img_0092_1280x960

気休めですがゴム糊でごまかしました!


Img_0094_1280x960

MT21がガレ場に弱いとは思わなかった・・少し残念!

次回からは空気圧を抜いて走行します。(リム打ちに気を付けながら)

寿命はAC10よりは長いですが価格も1.5倍強と高いです。

割高感が強く今後は使わないですね!

MT21後輪に釘刺さる! CRF250Lネジ脱落

CRF250L  チェーン&Fスプロケット交換 

シフトペダルの改造      購入&デポから自走    

高嶺・金沢・長谷・女沢・王城枝垂へ  ソロ獣道

ショートスタンドA案 ショートスタンドB案  ショートスタンドBの改造

林道カフェ  カテゴリ CRF250L  

XR125Lを飼育    ブログのトップへ

« CRF250L ショートスタンドBの改造 | トップページ | 後輪MT21に釘刺さる! CRF250L »

林道ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020159/71148152

この記事へのトラックバック一覧です: CRF250L ピレリMT21で 菅川・東豊・御林・菅の沢等 林道:

« CRF250L ショートスタンドBの改造 | トップページ | 後輪MT21に釘刺さる! CRF250L »