« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017/09/02

CRF250L ピレリMT21で 菅川・東豊・御林・菅の沢等 林道

ピレリMT21を履いて見る❖8/26前後MT21を装着。

ダート、グラベルで優れた走破性と耐久性を発揮、本格ラリー競技や
林道ツーリングに 最適を信じ・・・。

以前使用したD603かT21で悩んだがMT21の方が
高価だが長寿命らしいのでチョイス。

フロントタイヤ80/90-21 

装着幅77mm

AC10より安心して倒せるが・・ハードブレーキングでは簡単にロックします。

Img_0025_1280x960_2

純正もAC10も扁平率100ですが、残念ながらMT21のは90/90でも欠品!

80/90でスペースが少なく、ヘビーチューブ+ビーストでは組ずらそうと思いましたが・・。

 長靴か地下足袋の様にクニャクニャでビックリdanger

ビーストが無ければコーナリングで脱げるのではと思う程・・sign03

ヘビーチューブ装着してますが、空気圧落とすとリム打ちしそうsign01

AC程では有りませんが、舗装路でハードブレーキするとグリップセズ滑ります。

乾いた路面ではバイクを不安無く寝せられレベルです。

リヤタイヤ120/80-18  装着幅117.5mm
高速道路も振動無く乗れそう!

Img_0026_1280x960

当然チェーンカバーに干渉セズ (干渉するAC10がおかしのですが)
Img_0027_1280x960

80扁平で隙間が少なくリヤはヘビーチューブが入らず組付に結構苦戦た。(+ビースト)

8/27(日)sun 4:50長野遠征へ出発(下道)

6:30過ぎ気まぐれで妙高高原駅から菅川林道へ。

Img_0028_1280x960

25年振り道に迷い6:50にやっと入口!

Img_0031_1280x960

長野は前日は雨だったのか走り出しは草の状態は良かったが水溜りが多かった。

Img_0035_1280x960

その後、夏草が道にオーバーハング、大雨の影響でクレバス状に路面が掘れていて

走行しずらい場所多
danger

Img_0037_1280x960

上画の様なフラットで法定速度での走行部分は僅かでした。

長野市経由で東豊林道へ向かう。

長野インター手前のセルフで給油するが130円/ℓにビックリsign01

帰宅すればハイオクが買える価格です。

8:30入口到着。

Img_0040_1280x960

バイク後方の標識!

Img_0041_1280x960

少し入って空き地で朝食です。(バイクは長野方向を向いてます)

Img_0042_1280x960

少し走行し落石ヶ所の泥濘(深さホイー1/2が沈没)を走行後のバイクです。

落石を均して有りダム状に泥水が溜まっていましたがこれ程深さとは

annoy不覚!

Img_0044_1280x960


Img_0045_1280x960

Img_0047_1280x960

この高さまで泥が、当然ブーツ&パンツも泥だらけに・・・coldsweats01

Img_0046_1280x960


ロッククライミングをする岩場で小休止。

Img_0048_1280x960

岩が落ちてきそうで若干怖い。
Img_0049_1280x960

岩に金具が付いたままになっています。

Img_0050_1280x960

その後は時々視界が開けた所で撮影停車しながらほぼ藪漕ぎsign03

Img_0058_1280x960

右手の奇妙山の麓からここまで来ました。(上画像中央下部あたり)

路面はフラットな部分でも角ばった石でガレています

Img_0054_1280x960

クレバス状の大部分は撮影停車出来ず。真実伝えられず・・)

Img_0055_1280x960
御林林道も雨水でクレバス状の溝+夏草のオーバーハングで

見通し効かずスローペース。

御林林道の35号線手前3km程で前方から爆音が聞こえ・・

間もなく全開で道幅一杯に膨らんだゼッケン&カメラを付けたバイク数台に遭遇する。音で気付いて路肩に避難!

shineブラインドコーナーの右車線を高速で走行して来るsign01

       俺を殺す気かよ~punch

35号経由で菅の沢林道入口10:30着。

Img_0064_1280x960

続きを読む "CRF250L ピレリMT21で 菅川・東豊・御林・菅の沢等 林道" »

2017/09/04

後輪MT21に釘刺さる! CRF250l

2017/9/4sun 

本日時間が取れたので長野県境までMT21でお出掛け

           8/27の敵打ちです! coldsweats01

栄村の通行止め看板で野々海池から菖蒲高原への通止めは真実だったのか 

確認に向かう事に

高柳→松代→浦田→菖蒲高原手前の見晴らしへ 自宅から57Kmです。

妙高山・火打山・焼山・日本海・米山・弥彦まですばらしい眺望です。

   コンデジで撮るとガッカリの画像でUPセズ

ふとリヤタイヤのクッラク修理痕が気になり点検すると・・。

Img_0238_1280x960

        何じゃコリャ!!

Img_0242_1280x960

今さっき刺さった釘じゃあー!

数キロ手前で水道管仮設工事やってたなーって

手遅れじゃangry

しかし、エアー漏れ無し・・チューブレスなら釘抜かなけりゃ問題は無しですが・・・。

ヘビーチューブに刺さった状態で釘抜けずエアーキープかな??

目的地県境まで6Km手前で自宅へ戻る決断するcrying

    工事現場は大人の対応で通過です。

帰路の案山子です。 柏崎市荻ノ島付近にて

Img_0240_1280x960_2

人に見えて一旦通過後戻って撮影!

幸運にも騙しながら自宅へ戻り修理開始。 抜いた釘です

Img_0245

取り出し釘の痕跡を見るとチューブを破る寸前でした。 

ノーマルチューブならパンクしてましたね。

Img_0244

エア漏れは無いですがパッチを当てて置きます。

Img_0246

         修理後の感想!

持参の瞬間パンク剤を使って見たかった。

 

瞬間パンク剤以外にパンク修理道具は持参していません。

ガレージで修理しながら・・・。

タイヤレバー3本・ビードキーパー&エアバルブプーラー(有れば便利)

更に空気入(必需品)・パッチ&ゴム糊等 を毎回持参はやっぱ無理&無駄sign03

本日あらためて現場でのパンク修理は無理と再認識です。

それにしても今回はヘビーチュブに救われ

乗って帰れましたhappy01

MT21はガレ場などに強いと能書きだが使用した感想は

亀裂が入ったり以外に弱いと思う。

Img_0090_1280x960

2000Km走行した前後輪です。

             impact後輪
オフロードタイヤとしては寿命越えです。

Img_0796_1024x768

それなりに寿命は有りますが値段程は有りません。残念!

Img_0795_1024x768

中央は4mm程でもう林道は行けても獣道は自殺行為です。

Img_0798_1024x768

           impact前輪です

AC10ほど中央1山と次の2山の摩耗差は有りません。
Img_0792_1024x768


山の後ろが偏摩耗するのはAC10と同様ですが決定的な違いが有ります。
MT21は全周が一様に減らずムラが有ります。

別のブロックは2mm程しか残っていません!

タイヤが柔らかいので走行中はAC10程振動は感じませんが
洗車時など手で移動するとガタガタと振動します。


Img_0811_1024x768

又、柔らかいタイヤなのでブロックの根元は細かいシワが入ります。

Img_0793_1024x768

回転方向を逆にしもう少し使うことにする。(12月に組替える)

タイヤを外すとビックリsign02
ホイールにビード部のバリがこびりついています。

Img_0794_1024x768

ワイヤーブラシを掛けたが取れません!

カッターで削り落としましたが・・

土が落ちないなど独特のゴム質ですsign01

私は今後MT21を使う事は無いですね。

続きを読む "後輪MT21に釘刺さる! CRF250l" »

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »