« 52.05mまで(2017年作業) | トップページ | 発動機運転会 in出雲崎2018 »

2018/04/23

CRF250L ネジの脱落

CRF250Lはビックリするほど

ネジが緩み脱落します

ジェット戦闘機並みですよ。(乗る都度どこか緩みます)

県外遠征前に点検し・・帰宅洗車時等に発見します

原因はオフタイヤとエンジンの振動ですが

想像以上に注意です

 

NO1 マフラー固定部 前

Img_0128_1280x960

ボルト脱落後に肉抜きの別物に交換。

NO2 マフラー固定部 後曲者です。

Img_0127_1280x960

 

ここも頻繁に緩み脱落しボンド併用です。

上の状態を確認し6/2群馬遠征

リヤタイヤは中古8分山のIRC BR99ですがゴムが柔らかくAC10より振動は少ない。

80Km強の林道走行後帰路の高速で加速すると変な振動がハンドルにまで伝わる

自宅後の洗車でナット脱落を確認しました。

本日走行距離9000Km到達 ナット3個紛失です!

11750Kmボルト&ナット脱落!

5mm長いボルト&緩み止めナットを使用様子を見ます。

 

NO3 パッキンマフラー緩み

Img_0129_1280x960
強く締め付けると縮みエキパイ側に固着し再使用困難になります。

マフラー・エキパイを取り外さない方には影響なしですが。

 

NO4   ウインカー取付部

Img_0126_1280x960

出掛ける前に必ず増締しかボンド併用。

普通のナベでは無く頭に段が有る特殊ネジです。

ネジが脱落してもウインカーは外れません!

カテゴリ CRF250L  林道カフェ2017

 

 

 

KTMオレンジフェスタ 2016シーサイドバレー ブログのトップへ

 

 

 

ホンダXR125Lを飼育  CRF250L購入&デポから自走

 

 

 

CRF250L  AC10 インプレ ライトをLEDに交換

 

 

 

可倒シフトペダルに  ショートスタンドBの改造 
 

 

ウインカースイッチ交換   フロントサスオイル漏れ

« 52.05mまで(2017年作業) | トップページ | 発動機運転会 in出雲崎2018 »

CRF250L 整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CRF250L ネジの脱落:

« 52.05mまで(2017年作業) | トップページ | 発動機運転会 in出雲崎2018 »