« IRC iX-09W インプレ CRF250L | トップページ | 長野県 山田入線などへ »

2018/10/31

CRF250L奥会津の林道へ

 

10/21(日)奥会津の林道へ。

昨晩 素線が1/4ほど切れたクラッチケーブルを交換。

リヤタイヤ新品iX-09W 100/100 50Km走行。

舗装路のカーブは滑りまくるタイヤ状態。

4/27の右手突き指&8/19傷めた左手首&親指・薬指・小指が完治していないが

ウインカー操作が出来る様になりました。

今だに激痛でタオルは絞れず

今回は川俣檜枝岐林道は完抜け時代に行っており時間なく行きません。

完抜け出来ないと思う他の林道は確認のため行きます!

 左手首に湿布をして5:45出発!

入広瀬のGSで満タン後 6:50六十里越からの田子倉ダム

(気温5度以下で非常に寒い)

ダム湖に滝雲が流れ込んでいます!

画面中央右側より奥只見方面より湖面に流れ下っていました。

Img_10_1280x960

息が白い気温でバイザー降ろすと曇り 上げると寒い!

Img_24_1280x960_2
小塩塩ノ岐林道手前の風車。

Img_26_1280x960

全長15Kmの林道入口到着8:30

昨年の崩落ヶ所が通れると良いのですが・・・。

Img_28_1280x960

どうでしょうか?

Img_31_1280x960

前日の雨で水溜りだらけですが・・岩だらけの川に透明な水が迫力の

有る流れを見せ更に紅葉とを独り占めです。

入口から約6Km崩落ヶ所は立派に修復されておりました。

Img_33_1280x960

停車位置から前方を撮影。

グローブの中で湿布が捲れて団子になっております。

Img_34_1280x960

この直線の先で藪漕ぎ 踏み痕も無くボッチでは危険な為撤退です。

残念さて次!

湯西側に抜けれませんが行ける所までと田代山林道に向かいました。

289号の対岸を走行中に見掛けた道路脇の羊達です。

Img_35_1280x960

352号のT字路を曲がり350号に入るとマラソン大会真っ最中で誘導に従い通過。

田代山登山の車はマナー良く後ろに付くと間もなく道を譲ってくれます。

前日の雨でアスファルトに張り付いた落葉が危険ですね。

スケートの様でした。

10:10登山口に到着です。

Img_40_1280x960

約10Km 群馬県側は単管製のバリケードで終了でした。

Img_41_1280x960
トイレに寄り352号に戻り 安ヶ森林道に向かう。

林道入口にマラソンの係員が居たのでインタビュー!

返事→「バイクでも湯西川には抜けれないと思います」

国道から500m程の所に標識が有りましたが

行ける所まで行き戻りましょうか

1342_1280x787

鱒沢渓谷は紅葉のトンネルで脇には清流が流れております。

Img_44_1280x960

路面は砂っぽく見た目以上に滑ります。

Img_46_1280x960

トンネル手前にて。

Img_45_1280x960

この先工事で道がガッポリ掘削されていて終了です。

Img_48_1280x960

奥が湯西川方面です。

Img_53_1280x960


斜面登って通過可能ですが工事現場を荒らすのはNGですよ!

気を取直し続いて七ヶ岳林道に向かいます。

25年程前の記憶を頼りにたかつえスキー場入口からR352旧道に入る

通行止めの表示 しかし封鎖は無し

数Km進むとユンボが道路を封鎖。

引き返し途中の林道から迂回を試見る。

Img_59_1280x960

何とか先の町道中山線に戻り進むが様子がおかし!

倒木を潜り・丸太を越え道路の陥没ヶ所を越え進むがやがて崩れた土砂が

道路を塞いでいました。

古いオフロードバイクの踏み痕が高さ2m弱の土手に残っており頑張れば進めますが

先を確認するともはや廃道に近い状態。

Img_61_1280x842

つづら折れのヘヤーピンこの前後に幾つもの障壁有りでした。

トラップを幾つも越えて行くのは危険と判断しR352に引き返す。

予定外の方向からのアプローチで上ノ原の橋を渡り

しばらく迷いながら七ヶ岳林道に入る。

25年前は曇りでしたが本日は最高の天気!

Img_369_1280x960

富貴沢分岐のY字路

Img_379_1280x960

富貴沢林道の直線

中央左は高倉山 バイク後方の青い山は七ヶ岳かな。

Img_373_1280x960

左前方は鋏山 絶景です!
Img_374_1280x960

R289に出て南会津で3回目の給油 。

戻ってって駒止め湿原に向かうがトンネル前後どちらも災害の為通行止め!

R401経由で舗装の界林道からR289に出て玉川林道経由で大窪林道へ。

Img385_1280x960

大窪林道はコーナーも非常に走り易い林道です。

残念ですが時間が無く 畑小屋林道分岐からR400へ向かう。

Img_386_1280x960

大窪林道の分岐 手前が畑小屋方向です。

この先は来年6月位に再訪します!

林道起点に到着です。


Img_390_1280x960

只見町で4回目の給油をし16:40田子倉ダムに戻ってきました。

Img_391_1280x960

給油・信号待ち・写真撮影停車のみで飯食わず12.5時間の

強硬スケジュールでした (ボッチだから出来るんです

で、疲れましたが景色最高で大満足しました。

ここから自宅まで足の痙攣と戦いながらの帰宅!

カテゴリ CRF250L  林道カフェ2017 ウインカーSW交換

 

KTMオレンジフェスタ 2016  ファンライドフェステバル2018

 

ホンダXR125Lを飼育  CRF250L購入&デポから自走 

CRF250L 林道山田入り線などへ  可倒シフトペダル2

 

CRF250L  AC10 インプレ ライトをLEDに交換 CRF250Lネジ脱落

 

可倒シフトペダルに  ショートスタンドBの改造  ブログのトップへ

« IRC iX-09W インプレ CRF250L | トップページ | 長野県 山田入線などへ »

林道ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CRF250L奥会津の林道へ:

« IRC iX-09W インプレ CRF250L | トップページ | 長野県 山田入線などへ »