« 2018年10月 | トップページ | 2019年2月 »

2018/12/16

2018年の井戸掘り

2018の井戸掘り

2/27(火)午後2時間作業する。

   本日の大物

こんな礫が邪魔で進まないのです。

Img_0034

右半分の色が違い突き棒で砕いたことが分かります。

Img_0035

掘削速度1cm/時の作業速度 礫層手強し

GLから深さ52.07m。

9/30(日) 午後1H作業

8月に下がり切った水位から更に汲みだした影響で底に

シルト・砂と小豆大の礫が堆積していました。

作業第一投のスイコですが粘土に近いシルトが付着していました。

Img_1294

バケツから出した本日の掘り屑です。

Img_1295


3Cm進み GLから深さ52.1m。

10/6(土)夕方1.5h作業

前回同様の砂にシルトが混じる掘り屑 栗程の礫が数個上がる。

CPを上下させると礫層に当たりガツンと感触が伝わって来ます.

Img_1299

GLから深さ52.125m。

10/24(日)夕方1h作業

ロープの目印を見る限り1cm掘れたかどうか?深さ測定せず。

12/2(日)夕方1.5h作業

掘り屑のシルトを洗い流し礫だけ残した画像です。

Img_1577

前回と合計2.5hで3.5cm進み GLから深さ52.16m。

4/27の右手突き指&8/19の左手首負傷が完治せず

長時間の作業が出来ず

特に左は堀鉄幹が持てません・・最悪

12/13(木)午後1.5h作業 。

久しぶりにCPを沈める作業をする。

CPと井戸壁の間に上層から礫落下していてスムーズに動かない。

CPを3m上げると礫が邪魔をしロープを緩めても下がらない状態

30分作業し2cm沈んだが礫は挟まった状態で手首が限界で中止。

その後1h程井戸掘りと測定など。

掘り屑に0.5~3cm程の柔らかい植物片が混じるが、上層からの落下か

今の地層か不明。(上層からの疑い大)

シルトを流し残った礫です。

本日の掘り屑

Img_1579

井戸は4Cm進み GLから深さ52.2m。

続きを読む "2018年の井戸掘り" »

2018/12/06

長野県 山田入線などへ

3年間行くか行かざるか悩みましたが

2018/11/4遂に決断  2019/7/15再訪

2016初夏に湯沢林道の帰りに七味の林道起点に行ったが。

工事中なのと通行止看板を見てボッチなので大人の対応で引返す

林道ガイドブックでは10月は走行OKの記載で安心する。

2016年9月に高山村に開通日を聞く為にTELをしショックです 

回答にはビックら

『それ10数年前の話で現在は・・通年通行止めです!』

『入口からゲートまでは行けますが・・』

腕には自信は有るがボッチで事故ると完全閉鎖になりオフライダーに迷惑が掛る 

林道の上か下で誰かを待って同行するか? 

林道では晴天の日曜日さえ滅多にオフロードバイクに遭わないぞ=無理だな

しかし・・・・

建前は通行止看板有り・現実にゲートも有でも動画でも走行は可能

家で動画を見ると年々荒れていくのが分かる 

事故が無くても数年で通行出来ない恐れが有る

思切っきってボッチで行く決断をするが10月の会津遠征後

チビタiX09に戻し全く無理が出来ません。

中央部は根元のR部から加速側が3mm ブレーキ側は2mm パンクを

避ける為に空気圧は1.3Kgカチンカチンで走行します。

 

Img_1578

11/4(日)10:00小布施を抜けた所です。

Img_1448_2
メットの奥に目的地の山並が見えます。

道路左脇の畑はリンゴが食べごろです。

Img_1449_1280x853

1020七味♨到着万座街道の石碑&起点。

Img_1450_1280x853

今年の工事は終了し林道入口工事用の
ゲートなどは有りませんでした。

七味♨の林道入口に到着すると岐阜ナンバーのジムニーが出来て

残念がってましたました。

ゲートが開いていれば崩落カ所を越える気で来たのでしょうか??
Img_1452_1280x853

林道起点看板。

Img_1451_1280x853

昨年の画像にこんな凹み傷は無いですが工事の重機でも当たったのでしょうか?

★林道山田入り線 満60歳なんですね
ゲート前から橋までの部分は相変わらず工事の痕跡。

Img_1455_1280x853


右手の川 きれいです。

Img_1453_1280x853

路面は落ち葉でフカフカです。
Img_1454_1280x853

ゲートを抜けて来ました。

坊主タイヤですが自己責任で行ける所まで行きます。

Img_1456_1280x853

途中の分岐左手はゲート閉鎖。

Img_1458_1280x853

少しスピードを出すと落ち葉に隠れた濡れた石にヒットし時々横跳ねさせられ

道路端に行ってしまう。慎重に運転です!

途中クレバス状に侵食の荒れた部分が有ります。

Img_1459_1280x853

いよいよ絶景の始まりです。

Img_1460_1280x853

アップで

Img_1462_1280x853

いい感じ!!

Img_1467_1280x853

段々と崩落カ所に近ずいて行きますが更に絶景になります

Img_1471_1280x853
奥の中央僅か右の稜線が終点です。

ザレた面にチビタタイヤで停車後の再発進はしばらく空転します

Img_1473_1280x853_2

七味♨からの方がずっと奇岩等の絶景を見ながらで楽しいですね。

Img_1475_1280x853

大崩落地帯は圧巻です

Img_1476_1280x853

この砂防ダムにどれほどのお金が掛ったんでしょう?

行った事は無いが火星に着陸した気分→景色最高しかし,危険もMAX
Img_1477_1280x853

峠に向かいます。
Img_1480_1280x853

ガードレールが切れている所が幅の無い名所です。

思ったほどの大崩落では有りません。

ザレた部分に大きな岩が土留めをしています。

Img_1481_1280x853

通過後に後方を撮影。 昨年以上に狭くなっていました

Img_1482_1280x853

何方かが資材を持ち込み修復して有ります。

谷側に杭を打込板を渡して有ります。 

しかし・・板の下は切れ落ちています。

板中央にクラック有り渡る気は120%起きません

おそらく数年中に岩の上のザレた部分に道を付ける人が現れると思います。

複数人で来る機会が有ったら私も土木工事しますね。

 

続きを読む "長野県 山田入線などへ" »

« 2018年10月 | トップページ | 2019年2月 »