CRF250L

2018/09/16

IRC iX-09W インプレ CRF250L

BR99で懲りたのですが 再度IRCのタイヤ履いて見ました。 

リヤ  iX-09W  110/100-18を履いて見ました

フロント TR-8 3.0-21

外径が大きく短足には不利です。

             後輪

Img_0336

組付け幅は120mmチェーンカバーとのクリアランスもOKでしたが林道走行中に

石が挟まりチェーンカバーを連打

元気なキツツキかとしばらく気ずかず100m程走行後に停止して外しました。

0km_0334

                前輪
Img_0339



0km_0337

空気圧1.5で早速林道を含め100Km程走行 まだイボが残っている為、舗装路の

コーナーは前後共に滑り出しが早く危険ですね

砂利の林道は安心感有り 土の登りも喰い付いて快適です。

前輪は湿った下りではふんばってくれず横滑りします。

登りで停車してもハンドルが切れていると滑ります。

アクセル全開で乱暴な運転でもBR99の様に減りません

100Km走行後 (林道25Km程

100km_0340

思ったほど減りません。

100km_0342

7/22新地林道&栗原川林道などへ・・・。

利牧場から小中経由・途中で新地の支道探検です。

ピストンですが枝道も楽しいです。

(作業中の場合は手前で撤収です。)

iX-09W 急勾配の作業道も快適に登ります。

高速道もAC10程の振動は有りません。

Img_0392_1280x960

空気圧1.5Kgの為、ガレ沢渡は転倒寸前のアタックになりました。

残念ながら本日は栗原川側のゲートはクローズ脇のガードも完璧

栗原川林道まで100mですが・・・脇も固く利まで戻ります。

Img_0393_1280x960


600Km走行後(林道125Km程)中央の1本溝無くなりそうです。

Img_0400

両サイドのブロックが残り舗装路のコーナーでヨレル為

ブロックを切り落としました

切り取ったブロック片です

  Img_0402_2

こんな感じです。

Img_0405

8/4 舗装路のみのツーリングに誘われ430Km走行。

1030Km走行後です。

8/18~19のファンライドが控えているので

高速はMAX80Km/h 下道も優しい運転を心がけ走行

1000img_6_1280x960

中央の1本溝は無くなりました。

1000img_9_1280x960

100Kmのフロントです。

濡れた路面は非常に滑りやすい

1000img_8_1280x960

続きを読む "IRC iX-09W インプレ CRF250L" »

2018/06/19

IRC BR-99 インプレ CRF250L

中古で8.5分山を購入した後輪 IRC BR-99インプレです。

礫に弱く全開走行するとブロックやタイヤ地肌に傷が付いたりブロック先端に

欠けが発生します。

林道ハードブレーキ&ドリフトさせると アッと言う間に減ります!

舗装路でウイリィー走行等リヤにパワーを掛けるとブロックに皺が出たり・根元に

 クラック等が入ます。AC10に比べグリップ良くないです!


  Img_0315

ブロック根元にクッラク発生!

Img_0316

同じ公道走行可能モデルですが・・値段が高いのに

AC10より酷い状況です。

Img_0317

MT21より更に砕石・礫で切れ易いです

Img_0318


Img_0320

  MT21より酷い痛み方ですね。 

 
アスファルト路面コントロール可能ですがAC10リヤより滑ります!

 購入後の舗装路600Km 雨見・秋鹿大影n各支線・万沢林道・地元の林道など

  未舗装砂利道を100Km強 計700Kmで中央5mm山でタイヤ寿命です。

画像は600Km走行後 一般的な林道をそれなりの走行後・・舗装路を

10Km走行し帰宅し寿命になった状態です

250トレールで使用すると、仮に新品が入手できても1000Km程の寿命と思われます。

現在廃版でBR-99zにモデルチェンジ。

Zでかなり改良されているのか・・不明。

それ以前に値段が高いので履けません。

続きを読む "IRC BR-99 インプレ CRF250L" »

2017/09/04

後輪MT21に釘刺さる! CRF250L

2017/9/4 

本日時間が取れたので長野県境までMT21でお出掛け

           8/27の敵打ちです!

栄村の通行止め看板で野々海池から菖蒲高原への通止めは真実だったのか 

確認に向かう事に

高柳→松代→浦田→菖蒲高原手前の見晴らしへ 自宅から57Kmです。

妙高山・火打山・焼山・日本海・米山・弥彦まですばらしい眺望です。

   コンデジで撮るとガッカリの画像でUPセズ

ふとリヤタイヤのクッラク修理痕が気になり点検すると・・。

Img_0238_1280x960

        何じゃコリャ!!

Img_0242_1280x960

今さっき刺さった釘じゃあー!

数キロ手前で水道管仮設工事やってたなーって

手遅れじゃ

しかし、エアー漏れ無し ? チューブレスなら釘抜かなけりゃ問題は無しですが・・・。

ヘビーチューブ肉厚デ刺さった状態で釘抜けずエアーキープかな??

目的地県境まで6Km手前で自宅へ戻る決断する

    工事現場は大人の対応で通過です。

帰路の案山子です。 柏崎市荻ノ島付近にて

Img_0240_1280x960_2

人に見えて一旦通過後戻って撮影!

幸運にも騙しながら自宅へ戻り修理開始。 抜いた釘です

Img_0245

取り出し釘の痕跡を見るとチューブを破る寸前でした。 

ノーマルチューブならパンクしてましたね。

Img_0244

エア漏れは無いですがパッチを当てて置きます。

Img_0246

         修理後の感想!

持参の瞬間パンク剤を使って見たかった。

 

瞬間パンク剤以外にパンク修理道具は持参していません。

ガレージで修理しながら・・・。

タイヤレバー3本・ビードキーパー&エアバルブプーラー(有れば便利)

更に空気入(必需品)・パッチ&ゴム糊等 を毎回持参はやっぱ無理&無駄

本日あらためて現場でのパンク修理は無理と再認識です。

それにしても今回はヘビーチュブに救われ

乗って帰れました

MT21はガレ場などに強いと能書きだが使用した感想は

亀裂が入ったり以外に弱いと思う。

Img_0090_1280x960

2000Km走行した前後輪です。

             後輪
オフロードタイヤとしては寿命越えです。

Img_0796_1024x768

それなりに寿命は有りますが値段程は有りません。残念!

Img_0795_1024x768

中央は4mm程でもう林道は行けても獣道は自殺行為です。

Img_0798_1024x768

           前輪です

AC10ほど中央1山と次の2山の摩耗差は有りません。
Img_0792_1024x768


山の後ろが偏摩耗するのはAC10と同様ですが決定的な違いが有ります。
MT21は全周が一様に減らずムラが有ります。

別のブロックは2mm程しか残っていません!

タイヤが柔らかいので走行中はAC10程振動は感じませんが
洗車時など手で移動するとガタガタと振動します。


Img_0811_1024x768

又、柔らかいタイヤなのでブロックの根元は細かいシワが入ります。

Img_0793_1024x768

回転方向を逆にしもう少し使うことにする。(12月に組替える)

タイヤを外すとビックリ
ホイールにビード部のバリがこびりついています。

Img_0794_1024x768

ワイヤーブラシを掛けたが取れません!

カッターで削り落としましたが・・

土が落ちないなど独特のゴム質です

私は今後MT21を使う事は無いですね。

続きを読む "後輪MT21に釘刺さる! CRF250L" »

2017/06/28

CRF250L ミシュランAC10 インプレ

昨年は獣道で迷惑掛けたが

よたろう2017年は獣道で迷惑を掛けないように

ミシュランクロスAC10にタイヤ交換!

舗装路は滑ると聞くが大した事無いだろうとの気分で・・。

冬季は乗らないのに走行4000Km強でリヤは4本目です!!

5分山過ぎで交換するからね

県外遠征650Kmも林道などオフロードは10%も無い訳でタイヤはアスファルトで消耗・・

(日帰りで中津川林道・大弛・乾徳山を周遊するとこれくらい走ります)

4/27 フロントタイヤAC10 80/100-21に交換。

ビースト&ヘビーチューブ装着ですが交換作業は簡単に終了!

ミシュランはライトポイントの表示がないので釣りのおもりでバランス調整!

P1060391

ゴム管を抜いておもりに切れ目を入れスポークにペンチで圧着&ボンドで固定。

P1060388
おもり1ヶ7gです。

幅実測で80mm有りますが、やけに細く見えます。

P1060350

雨上がり所々濡れている道路を走行し忘物で湿った部分で

Uターン・・・ズルズルと前輪が逃げて行く

締まった砂利の林道もアスファルト同様に滑りますねー

冷や汗が出ます

乾いた道路でさえ強めブレーキ操作で簡単にロックします

舗装路8Kmの走行でブロックの先端はカサ蓋のような状態。

5mm位カサ蓋状に剥離しています。

P1060349

4/30 リヤタイヤ交換AC10 120/90-18に交換。

ビースト&ヘビーチューブ装着なので以前120/90→12/80に交換時スペースが少なくやりずらかったので120/90を選択。

(扁平率では無くBSのTW302のTLの120/80でサイドが硬かったのが原因みたい)

P1060389

スポークに2ヶのおもり付けました

P1060345

120/90のはずだが・・・、組んでみると幅が135mm有るんだよ

タイヤのブロックがチェーンカバーと接触する

CRF250Lにはサイズ110までにしましょう!

P1060348_2

左アクセルターン20回で減らすか・カッターで切るか迷いました

P1060347

チェーラインを犠牲にホイルを右に傾けてセットし隙間確保&

更にタイヤのブロックを切除する。

タイヤが摩耗したら正規のラインに戻します

それまでしばらくは 斜め走行だね

P1060351

右側はスイングアームとタイヤ間スカスカなのにな~!

                  注意

林道の低速走行ではブロック間に石を噛込んでカバーを直撃が有りそうです。

昨年リヤにD603を履いてた時ビューポイントで停車しタイヤを見ると中央のブロックに

石が挟まっていた事有ったね

D603はグリップは良かったが夏の高速道路95Km/h巡行でもタイヤ表面溶けて

触るとベタベタになる。

5/3 実走→ フロント計225Km リヤ210Km 空気圧前後1.5Kg

225Kmの内訳です。

雪上約0.1Km 砕石林道約20Km セメント舗装1.3Km 

表面が落ち葉や赤土等の獣道約5.5Km 残りはアスファルトです

フロントタイヤ

中央部のイボは消滅。

赤土の林道でもクリップはあまり有りません。

砂浜や泥濘などブロックが路面に食い込む状態でしかグリップしませんね!!

P1060378_1280x1176

ブレーキングの捲れ上がり部はあまり変化無し

P1060376_1280x960

舗装路でコーナリング中のブレーキングは挙動が読めず命取りです!

舗装道路では凹凸を拾い中々思通りのラインを走行できません。

    前輪 次回交換時にはAC10を履きません

P1060377_1280x960

リヤタイヤ

中央ブロックはかなり丸みが着きました。

P1060374_1280x960

落ち葉が有るアスファルトでは空転が発生。

砂利・砕石林道では非常に良くグリップし、スリルを無くしてしまう。

なんだか嬉しいような悲しいような・・

獣道の登りは頼りになります。

フロントUP前のタイヤ画像↓

P1060375_1280x960

その後 アスファルト路面でタイヤの状態・感触等を体感する為・・

フロントUPを10回程する 

ブロックの間隔が広くアッという間に中央ブロックの角が無くなり表面近くは瘡蓋状に。

フロントUP後↓

P1060379_1280x960

フロントより硬いゴム質ですが摩耗は早いです。

P1060380_1280x960

使い込んだ感じになってしまう。

P1060381_1280x960

    結論です。

★ 前輪80/90-21(実測幅80mm)

前輪にAC10は極めて危険です

舗装路では路面のクラックや凹凸・峠の筋入りカーブは振られます。

砂利道でもかなり滑り、サンドや柔らかい土路面用ですね。

コーナリング中のブレーキングは絶対やめましょう。

トランポ移動 向きのタイヤです

レース経験が有る様な方以外は履かない方が良いでしょうね。

★ 後輪120/90-18(実測は幅130mm)

どなたでも獣道に案内出来き楽しいタイヤですね。

 舗装路は前輪程の怖さは感じません!

前後AC10だと舗装路の走行時は振動がかなり有ります・・が・我慢です         

5/21(日) 秋鹿・万沢林道ツーリングへ 

実走して見るとチェーンカバーにまだ干渉する為更にブロックを削る。

P1060470

6/6(火)浅草岳へ支線の林道は工事中で入れず!

登山用Pから残雪を掻き分けて奥に進むが残り1Km程の所で積雪多く断念

P1060472_2

走行180Km中 砂利道は0.2Km程です。

続きを読む "CRF250L ミシュランAC10 インプレ" »

2016/08/18

CRF250L ソロ獣道ツーリング

2016年5/8 14:30 ~16:20

 

 三島林道の杉林に迷い込む

 

<走行400km慣らし完了まで後100Kmでしたが・・・>

 

8月に現場確認に行くと砕石を入れるか不明の緩やかな勾配の作業道が出現。

 

倒木も無くなり当時の面影は残っていませんでした。嬉しいような悲しい様な

 

(徒歩で写真撮って来ました)

 

迷い込んだ当日は矢印の急斜面を登攀し進入しました。

 

P1050509_2
林道から地面が露出した10m程の丘を登った先に15m程道らしき痕跡発見。

林道から斜面を登った頂上は下の画像左手20m程の所です。
その先に道は無いが杉の落葉でフカフカの斜面に誘われて下る。P1050510_2

画像では上手く表現出来ませんが下った斜面は30~35度位でS字に下ります。

 

途中20~30cmの倒木を数本乗り越え40m程下ると地獄へ到着です。

 

前後タイヤをロックしても滑り落ちる程の急斜面では無い2日前でした。

 

▼ その後酷い目に遭いました!!半分遭難?

 

サーて 戻ろうと・・落葉の下は雨で濡れた地面で狭く助走も出来ず

 

リヤの空気を抜いてバイク押しても登れない!普通に上れない!

 

ブロックタイヤは土を掻いて溝に泥が詰まりスリックタイヤに変身

 

登れない

 

バリ山でも純正タイヤでは役に立たず

 

前輪が1本目の丸太を越えるのがやっと。

 

リュックを降ろし・ヘルメットも脱ぎ頑張る!

 

アクセル全開で可能な限り車速を付けたい状況!

 

          冷却ファンは連続稼働。

 

斜面下の段差の場所は良く見ると溝状の道のようです。

 

少し進んで観察すると杉の倒木が折り重り通れない!

 

P1050511

 

斜面下は崖状になっており斜面下部7m程を水平に助走し右に90度ターンして

斜面にアタックするしかない。


ジャージも脱ぎ泥だらけでに入ったような汗だくでアタックするが・・。 

ターンで速度が落ちる丸太で失速して戻り草に埋もれた丸太で何回も転倒の繰り返し

 

で左ミラー破損!数回のトライで落葉がなくなりツルツルの地面が露出し窮地。

 

体力消耗          ◆自力脱出 ギブUP◆

 

迷惑承知で友人(本日仕事中)に泣きのレスキュウーを依頼 

 

au同士は電波が届きました。(他社は届かず)

 

        友人は全く土地勘ナシ!

 

枝道に入った為に、自分でも何処に居るか大雑把にしか分からない。

 

(バイクナビもただ山の中で無く役に立たず)

 

PCでグーグルマップを開いた友人に三島病院から林道に入る-逆谷から林道に入るetc」 30分以上説明するが居場所が理解してもらえない!

これでは保険のロードサービスも無理!

 

 友人=会社を早退し軽トラでこちらに向かってもらう!

 

オイラ=バイクを置去りで山から歩いて出て県道・国道で落ち合う約束をする!

続きを読む "CRF250L ソロ獣道ツーリング" »

2016/04/25

CRF250L 購入&デポから自走

2度目のリターンライダーとして原付二種XR125Lで近所の

 

林道&獣道をそれなりに楽しんでいましたが・・。 

 

(隣の市までしか遠征した事が有りません)

 

2015年7月バイク雑誌U49月号の購読がこんな事に・・・

 

P1050333

人生最後の一台にフルサイズのOFFバイクが欲しいな~

 

更に10月書店であまりにも楽しそうな表紙の写真を見つけてしまう!

 

 GARRRRファンランドを購読

 

昭和50年頃まだ高校生 空き地でこんな事ばっかして泥んこになってましたよ。

 

2年生免許取得1Week ハスラー250で鎖骨を折り入院危ないからとエルシノア125に

 

乗り換え他県でダンプカーと全損事故 →3年生 モトクロッサーを内緒で契約するが

 

親許さずさすがにもうバイク買ってもらえず親のメイト50改造し卒業まで乗り回して

ました。

 

P1050334

 

ジャンプ・ブレーキターン・アクセルターン・ドリフトそれなり器用にこなします。

 

市販車の平地でフロントUP&ウイリーは今も昔も素人に毛が生えたレベル・・・

 

カッコ良く出来るように練習するかと血が騒ぐが・・・。

 

(この時は排ガス4ストは非力&重いが250CCなら、何とかなると思ってる)

 

 

 

 

 

     何よりもメジャー林道へ遠征しなければならない

 

 

 

            勝手込む 

 

更にGARRRR 2015年の12冊を購入読んだら絶対買うに変身です

 

ナビとETC付けて林道遠征 さて何を買うか・・・・財布と体に相談ですが。

 

財布は中古を買えば何とかですが、踵から股上まで70cmチョイの体は

 

手術する金も無くどうにもなりませんね

 

コースは走らない前提で検討

 

WR250R   性能は最高でコースでは楽しいでしょうね。

 

        高回転で馬力出して中低回転のトルクなく獣道は不向きというか無理。    

 

        中古も高額でシート895mm 県外ツーリングは交差点で立ちゴケ無理!

 

        ローダウンキットも無いような? 

 

セロー250  もう少し馬力が欲しいのとシート高810mmですが、最低地上高が有り

 

        移動中の乗車姿勢がイマイチかな。 獣道は最高でしょうね。

 

KLX250   シート高が890cmとローダウンキットなど関連部品があまり

 

        販売されていない。県外ツーリングは交差点で立ちゴケ無理!

 

CRF250L  シート高875mmですが、社外ローダウンキットなど関連部品が多く

 

        安くカスタム出来そう。最低地上高255mmセローより低いです。

 

        ローダウンしたら丸太越えや飛び石で大変そうですね。

 

        乾燥重量で143Kgと重いが価格が一番安く魅力的。

 

2016年1月 ホンダCRF250L赤の新車に決定(セコイですが黒は1万円高いから)

 

◆純正のローダウンは10万弱で無理ですが社外の安いリンクでー4cm出来る。

 

◆足が着かないのでツーリング専用でしたが同じホンダのXR250を乗っていたので

 

  大外れはしないだろう。  (シート高は同じ875mmですが若かったから乗れた)

 

新車の値段が安い しかし、中古車の相場が高い。

 

 新車購入 最大の理由です 

 

4/2以降の登録で契約し2月に代金支払い登録前の納車NG!

 

販売店潰れたらお金帰らないバイク無いと不安を抱きながら待つ

続きを読む "CRF250L 購入&デポから自走" »